メンタルクリニックでストレスにサヨナラ|不調に悩まない方法

心が重く感じたらメンタルクリニック受診のススメ
カウンセリング

生きやすくなるための医療

多くの人が生きづらさを感じている現代社会にあって、心に問題を抱えている人ほど人間関係に悩んでいます。問題の根底には心や脳の病気が潜んでいる可能性があります。メンタルクリニックでは患者さんが受診しやすいよう工夫しています。自分自身の心に対して長年抱いてきた悩みも、受診を機会に解決する可能性が高まります。

笑顔の女性

こころの病院

メンタルクリニックなど精神疾患専門の病院を選ぶポイントは、自身の生活範囲の中で通いやすい病院を選ぶことです。受診に関する相談はかかりつけ医や産業医、地域の保健所等でも行っているので不安な方はまずは自分が話しやすいところに相談しにいきましょう。

女の人

患者の負担が軽くなる病院

メンタルクリニックは、心の不調や病気などの治療を行う医療機関のことです。患者の負担が軽くなり通いやすいと言われていますが、場合によっては家族のサポートが必要になることもあります。根気よく治療を続けていくことで症状の改善や完治を目指すことが出来ます。

目に見えない心の病気

頭を押さえる女性

ストレス社会と病気

ストレス社会ともよばれる現代で、職場や家庭でストレスに悩まされている人は大勢います。ストレスが続くことで人間は気持ちが不安定になったり、正しい判断ができなくなる場合があります。ストレスを感じたら好きなことをしたり美味しいものを食べるなど、自分に合ったストレス解消法があるとストレスを蓄積せずに過ごすことができます。精神的につらいと感じた場合や、それによってやる気の低下や気持ちが塞ぎ込むなどの症状があらわれることがあります。こうすることで精神科や心療内科を受診することで症状を改善することができます。初めて受診する際は入りずらいと感じる人も少なくありませんが、相談することでストレスとの向き合い方や治療の方法について知るきっかけとなります。やる気の低下や気持ちの落ち込みは、うつ病の始まりと考えられています。うつ病は、ストレスや几帳面な性格などといった内的な要因のほかに、人間関係でのトラブルや社会からの孤立などの外的な要因でも起こる可能性があります。うつ病の治療には、抗うつ薬の服用とカウンセリングの併用が効果的です。うつ病に似た病気に双極性障害というものがあります。双極性障害とは、感情に波がある症状が特徴的です。うつ病と同じように気持ちが塞ぎ込んでしまうなどの症状と、やる気に満ちて気持ちが高揚した精神状態が交互に起こります。対照的な二つの精神状態が繰り返されるのが、双極性障害とよばれるものです。うつ病と双極性障害は、治療方法も処方される薬も異なります。精神科や心療内科での診断と治療が必要です。

リラックスできる院内

最近では、精神科や心療内科をメンタルクリニックとよぶ病院が増えています。メンタルクリニックと表現を変えることで、患者が通いやすくなったり相談しやすいというメリットがあります。多くのメンタルクリニックでは、うつ病や双極性障害の治療のほかにも摂食障害・パニック障害・適応障害・PTSD(心的外傷後ストレス障害)の相談や治療もおこなっています。メンタルクリニックの院内は、患者がリラックスできるようにさまざまな工夫がされています。診察室の壁紙や照明を落ち着いたもので統一していたり、リラックス効果のある香りを効果的に使っているところもあります。患者同士が待合室で顔を合わせなくて済むように、個別の待合室を設けているクリニックも増えています。人の目が気になったりさまざまな理由で個室を希望する場合は、事前にインターネットや電話で設備について問い合わせることができます。精神的な症状は、完治するまでに時間がかかるのが一般的です。薬の服用で一時的に症状が改善しても、以前と環境が変わっていなかったり周囲の理解がないなどの理由で再発してしまうこともあります。調子が良くなったからといって自己判断で薬の服用をやめてしまったり、過剰に薬を服用することはかえって症状を悪化させてしまう可能性が高いです。患者本人はもちろん、家族や職場の人たちが病気について正しく理解してサポートする必要があります。メンタル面の不調は外傷がないために本人も気がつきにくいものです。しかし、ストレスや人間関係でのトラブルなど些細なきっかけがうつ病やさまざまな精神疾患につながる可能性があることを知っておくことが大切です。