メンタルクリニックでストレスにサヨナラ|不調に悩まない方法

女性

生きやすくなるための医療

カウンセリング

長年の悩みも解決の可能性

現代は生きづらい社会だということがよく言われます。社会の中で生きる人には、年齢や立場によってさまざまな役割が暗黙のうちに課せられているものです。人にはそれぞれ個性があって当然ですが、役割はそうした個性に関わらずどこまでもつきまといます。人は役割に縛られ、自分自身を無理やりその型にはめ込んで生きなければなりません。無意識のうちにメンタル面のストレスが溜まっていき、心の病気にもかかりやすくなっているのです。そうした生きづらさはすべての人に共通しますが、その人の性格によって個人差も認められます。他人よりも自然体で振る舞える人ほど、生きづらさを実感する機会が少ないものです。逆に他人の目が過剰に気になるという人や、環境にうまくなじめないと感じている人は生きづらさと無縁ではいられません。周囲から評価されようと常に全力で仕事などに取り組んでいる人は、どうしても心の病気になりやすい傾向があります。単に生きづらさを感じるだけではなく、心や体に明確な不調を感じるようになったら要注意です。人によっては社会人になってからの悩みにとどまらず、学校に通っていた頃から引きずっている心の問題もあります。他人とのコミュニケーションが苦手だったり、性格の問題で周囲とのトラブルを何度も経験したりしている人もいます。それらは性格の問題として片付けられがちですが、自閉症やアスペルガー症候群といった発達障害の可能性もあります。長年悩まされてきた心の問題も、メンタルクリニックを受診することで解決できるかもしれません。心に抱えてきた問題がどれほどの期間にわたるのかという点は、その人によって違いがあります。いずれのケースでも生きづらさの根底に心や脳の病気が潜んでいる可能性がある限り、メンタルクリニックを受診してみる価値はあります。メンタルクリニックは精神医療を専門としており、心と脳に関する病気や障害を治療しています。

受診しやすいよう配慮

メンタルクリニックは一般のクリニックと同じような外観ですが、必ずしも身体症状の自覚がある人ばかりが訪れているわけではありません。入院設備のある精神科病院と比べ、メンタルクリニックでは症状の比較的軽度な患者さんが多く受診する傾向も見られます。心の病気の一歩手前に当たる心身の不調で受診し、通院治療を受けながら健康を取り戻した患者さんも少なくないのです。郊外にあることの多い精神科病院とは違って、メンタルクリニックは駅前や繁華街など交通の便が良い場所でよく見かけます。オフィスビルなどのテナントとして入居しているケースが多いのは、患者さんが少しでも入りやすいように配慮した結果です。心の病気だという自覚のない患者さんにとっては、郊外に立地した精神科病院はどうしても敷居が高く感じるものです。その点でメンタルクリニックは気軽に利用できる相談所のような趣きもあります。診察と治療の流れはクリニックによって違いもありますが、初診時には精神科医自らが診察に時間を割くのが一般的です。2回目以降は臨床心理士がカウンセリングを担当するケースも多いですが、プロのカウンセラーなら心の悩みも安心して相談できます。症状によっては薬物治療も実施され、抗うつ薬や抗不安薬・睡眠導入剤といった薬が必要に応じて処方されます。こうした治療で心が軽くなり、生きやすくなったと実感している患者さんも多いものです。自分1人の力ではなかなか解決できなかった心の問題も、心の医療のプロに相談することで解決の糸口が見えてきます。大都市にメンタルクリニックが多く存在するのは、都会に住む人ほど心に軋轢を感じる機会が多いことの反映とも言えます。人と人との密度が濃すぎる空間に対して、多くの人が生きづらさを感じているのです。そうした人たちが少しでも楽に生きられるような社会の実現に向けて、今やメンタルクリニックは不可欠の存在と言えます。